【WordPress】データベース作成と初期設定。

XAMPP初期設定

 

前回の「【WordPress】ローカル環境で使えるXAMPPのインストール設定。」の続きになります。

【WordPress】ローカル環境で使えるXAMPPのインストール設定。 XAMPPインストール設定   【ローカル】 ネットワークに接続していない状態、IEとかChromeに接続していない環境のことです。 難しい単語とか知らないんで、そこらへんはGoogle先生に聞いて… 続きを見る MIKILOG

 

1.データベースの作成

 

スポンサーリンク

 

管理画面からMySQLの横にあるAdminをクリックします。

Adminをクリックする

 

すると、phpMyAdminという画面が表示されます。

phpMyAdminが表示される

 

管理画面にあるNewデータベースをクリックします。

データベースをクリック

 

①データベース名は分かりやすいように「wordpress」に変更

②照合順序は、「utf8_general_ci」を選び作成をクリック

データベースを作成する

 

これでデータベースのwordpressが追加されました。

wordpressの追加

 

2.WordPressのインストール

 

スポンサーリンク

 

【WordPresのダウンロード】

ここからWordPressの公式サイトに行き、右側にあるwordpress4.6.1をダウンロードをクリックします。

wordpressをダウンロードする

 

ファイルを保存します。

ファイルを保存します

 

ダウンロードが完了したら、ファイルを開くをクリックします。

ファイルを開く

 

このダウンロードしたzipファイルを、xampp(htdocs)に移動させます。

zipファイルを移動する

 

移動のさせ方は、このようになります。

wordpressからxamppに移動する

 

wordpressのファイルが、xampp(htdocs)内にある事を確認します。

ファイルが移動できたか確認をする

 

【WordPressの初期設定】

WordPressのトップページが表示されるので1番下にある「さぁ、始めましょう!」をクリックします。

さぁ、始めましょう!をクリックする

 

空欄のところを全て入力し終わったら、送信をクリックします。

送信をクリックする

 

インストール実行をクリックします。

インストール実行をクリック

 

最後に必要情報を入力し、WordPressをインストールをクリックすれば設定は完了になります。

WordPressをインストールをクリックする

 

3.まとめ

 

シロロ

WordPressにインストール設定はできたかな?

 

ネイビー

ページが真っ白になったり何らかのエラーが出た場合の対処にも使えるから便利よ。

 

シロロ

管理パネルから「WordPress設定」→「データベース管理」で、ログインもできるよ♪

 

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

 


カテゴリー:WordPressの使い方
タグ:pickup,WordPress,XAMPP,インストール,データベース作成

MIKINARI

イラストからWordPressまで興味があることを、ジャンル問わずに更新しています。


Pickup