TinyMCE Advancedプラグインの設定方法と使い方まとめ。

TinyMCEAdvancedの設定方法と使い方まとめ

このTinyMCE Advancedは、ビジュアルエディタを拡張できるプラグインです。

POINT

記事を書いてく上で「コレあったら便利だな」が実現できる便利な機能なのでWordPressを始めたての人は、導入しといた方がいいプラグインの1つになります!

 

このプラグインで、できること。

【プラグインを入れる前】

  • 画像や動画が入れられない
  • 下線が使えない

 

【プラグインを入れた後】

  • 画像や動画がブログ内に入れられる
  • 下線の追加ができる

 

記事を書く前から「HTMLなんちゃら~が分からなくて先に進めない」とか、そんな心配はしなくてOK。

 

  • これがあればアイコンをクリックするだけ
  • 記事内にポンポンっと簡単に追加できる
  • 作業が楽しく進む

 

1.Tiny MCE Advancedをインストールする

 

①プラグイン→新規追加→検索バーに「TinyMCE Advanced」を入力します。

 

②インストールができたら有効化をクリック(又はチェックを入れる)。

③次に設定→TinyMCE Advancedをクリック。

 

2.必要なボタンを選んで追加をする

 

スポンサーリンク

 

【ボタンの追加方法】

④次に下の方にある使用しないボタンから追加したいボタンを選んでいきます。

ドラッグ&ドロップするだけなので簡単にできちゃいます。

 

⑤ボタンを追加し終わったら変更を保存をクリック。

 

3.設定箇所にチェックを入れる

 

表示画面が多少違う場合がありますが、内容は同じだと思います。

設定にチェックを入れる

 

デフォルトの状態でチェックが入っている場合があるので、設定が不要な時は外して保存。

※段落タグの保持は必要があったらチェックを入れておきましょう。(必須じゃないです)

段落タグの保持

 

変更を保存で設定は終わりです。

インポートとエクスポートの設定チェック

 

4.記事内でTinyMCE Advancedを使ってみる

 

【ビジュアル】

文章書いていく場合は、ビジュアルの方を使います。

ビジュアル表示

 

【テキスト】

テキスト(HTML)で編集する場合は、こんな感じになってます。

テキスト表示

 

【段落/見出し】

文字をドラッグすると、図のように表示されます。

①見出し1

②見出し2

③見出し3

④見出し4

⑤見出し5

⑥見出し6

⑦整形済みテキスト

段落と見出しタグ

 

【フォントファミリー】

フォントの形を変更できます。

フォントファミリー

 

【フォントサイズ】

ここでは、px表示でフォントの大きさが選択できます。

フォントサイズ

 

【太字/イタリック/下線/テキスト色】

①太字→文字を太くできる

②イタリック→斜め表示にできる

③下線→文字下に線が引ける

④テキスト色→指定した色に変更できる

太字とイタリックと下線とテキスト色

 

スポンサーリンク

 

【引用】

他サイトの文章内容などをドラッグした状態で、引用のアイコンをクリック。

プレビューから表示の確認ができます。

引用した場合

 

【番号なしリスト】

文字の先頭にある小さいやつです。

①白丸

②黒丸

③四角

番号なしリスト

 

【番号付きリスト】

こっちは文字表記になってます。

①ラテン文字小文字

②ギリシャ文字小文字

③ローマ数字小文字

④ラテン文字大文字

⑤ローマ数字大文字

番号付きリスト

 

【文字揃え】

3種類の表示が選択できます。

①左寄せ

②中央揃え

③右寄せ

文字揃え

 

【リンクの挿入/編集】

①「こんにちは」の部分をドラッグ

②リンクの挿入/編集のアイコンをクリック

③空欄内にリンクしたいURLを貼り付ける

④適用をクリック

リンクの挿入と編集

 

【リンクの削除】

①「こんにちは」の部分をドラッグ

②リンクの削除のアイコンをクリック

 

【それ以外の削除方法】

・リンクがされている文字をクリック

・編集からリンクを削除

・リンク設定から挿入されているURLを削除して更新をする

リンクの削除

 

【画像の挿入/編集】

①画像の挿入/編集のアイコンをクリック

②必要箇所の入力をしてOKをクリック

画像の挿入と編集

 

【画像の位置変更】

文字揃えと同じで画像を選択した状態で、変更したい場所をクリックします。

画像の位置変更

 

【画像の削除】

画像を選択して、×をクリックで削除ができます。

画像の削除

 

【メディアを挿入/編集】

動画を記事内に表示させることができます。

①メディアを挿入/編集のアイコンをクリック

②ソースの空欄に、動画のURLを入力する

③OKをクリック

メディアの挿入と編集

 

【動画の削除】

動画を選択した状態で、BackSpaceキーを押します。

動画の削除をする

 

【インデント/字下げ】

文章の行頭に空白が入れられる。

インデントを増やす

 

インデントを減らす

 

【テキストとしてペースト】

WordPress以外のサイトから文章をコピペしたい時に使えます。

①他サイトで書いた文章をコピーする

②テキストとしてペーストのアイコンをクリック

③コピーしたのを貼り付ける

④もう1回、テキストとしてペーストをクリックして解除する

テキストとしてペースト

 

【書式設定をクリア】

テキスト色や太字などを追加したテキストを、元の状態に戻すことができます。

①クリアにしたい文字をドラッグ

②書式設定をクリアのアイコンをクリック

③元の状態に戻った

書式設定をクリア

 

【特殊文字】

①特殊文字のアイコンをクリック

②選んでクリック

特殊文字

 

【MOREタグを挿入】

①タグを入れたい場所をクリック

②「続きを読む」タグを挿入のアイコンをクリック

③図のように「—MORE—」が文章の間に挿入されました

MOREタグの挿入

 

【テーブル】

※ここではテーブルの挿入と削除だけを説明します。

①挿入したい場所を決めたら、テーブルのアイコンをクリック

②列と行を選択したら勝手にテーブルが挿入

③サイズの幅や長さを調節する

 

【テーブルの削除】

テーブルを削除するやり方は、テーブルを選択した状態でBackSpaceを押すだけ。

テーブルの挿入と削除

 

5.まとめ

 

こんなに長く書いたの初めてだと思うくらい自分的には頑張った今回の内容。

テーブルの所は、もう少し詳しくやりたかったけど(・ω・;)

 

プラグイン1つで色んなことができるから、コレお勧めです。

・記事を書くのが苦手な人

・画像やテキストを記事内に簡単に表示させたい

 

上記に当てはまる人達は、良かったらTinyMCE Advancedを試してみてね♪

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

 


カテゴリー:WordPressの使い方
タグ:pickup,TinyMCEAdvanced設定方法,WordPress,初心者にお勧めのプラグイン,拡張できるプラグイン

MIKINARI

イラストからWordPressまで興味があることを、ジャンル問わずに更新しています。


Pickup