【WordPress】ps auto sitemapの設定方法。

サイトマップのサムネイル画像

 

Webサイト内での全体の記事が分かるいわば、目次の役割をしてくれる「ps auto sitemap」というプラグインを、今回は紹介していきたいと思います。

サイトマップの設定をすると、全部のカテゴリーが見れる状態になります(一部抜粋)

サイトマップ

 

1.ps auto sitemapをインストール

 

スポンサーリンク

 

プラグインから新規追加をクリックし、「ps auto sitemap」を検索します。

プラグインを検索する

 

インストールが終わったら有効化をクリックします。

プラグインを有効化する

 

2.コードをコピーする

 

設定から、ps auto sitemapをクリックします。

必要な項目を設定する

 

ps auto sitemapの設定ページに移動したら、1番下にあるご利用方法の場所に移動します。

2.作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。の下にあるコードをコピーして下さい。

コードをコピーする

 

3.固定ページにコードを貼る

 

スポンサーリンク

 

固定ページから新規追加をクリック。

新規固定ページを追加」のページが表示されたら、タイトルを入力します。

 

・タイトル→サイトマップ

タイトルを入力する

 

・パーマリンク→sitemap

パーマリンクを入力する

 

・本文→ビジュアルからテキストに変更

ビジュアル設定

テキスト設定

 

ビジュアルからテキストに切り替えたら、本文のところにコードを貼り付けます。

コードを貼り付ける

 

公開をクリックしてページを見てみると、コードを貼り付けただけではサイト上にはまだサイトマップは表示されていないので、1度固定ページの方に戻ります。

サイトマップが表示されていない状態

 

4.記事のIDを調べて設定をする

 

固定ページから固定ページ一覧クリック。

固定ページ一覧から「サイトマップ」のページにカーソルを移動させます。

記事のIDを調べる

 

カーソルを当てたまま表示されているURLの中に書いてある数字の部分を覚えておきます(

忘れそうならメモしておきます)

この数字「808」が記事のIDの部分になります。

記事のIDを表示させる

 

設定からps auto sitemapをクリックします。

サイトマップを表示する記事の横にある空欄のところに、数字を入力し保存をクリック

します。

空欄にIDを入力する

 

保存したら上の方に「ps auto  sitemapの設定を変更いたしました。」と表示されます。

 

ブログのHOMEに行って、サイトマップが表示されていれば設定は完了です。

 

5.まとめ

 

シロロ

やっぱカテゴリーとは違うね。

 

ネイビー

こっちは記事一覧が全部見れるってのが特徴だから。

 

シロロ

必ずしも入れなきゃいけないってわけじゃないよね?

 

ネイビー

必須ではないけど、設定しておいた方が便利みたいよ。

 

シロロ

使ってみたい人は、設定しておいてね~

 

ネイビー

試してみて合わなかったら削除すればいいだけだから、

気軽にインストールしてみるのもいいかもね。

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

 


カテゴリー:WordPressの使い方
タグ:pickup,ps auto sitemap,WordPress,サイトマップを作る,プラグイン

MIKINARI

イラストからWordPressまで興味があることを、ジャンル問わずに更新しています。


Pickup