個人が稼ぐ時代へ「デジタルコンテンツ」を売るという選択技。

個人が稼ぐ時代の働き方

1.古いシステムが終わりを告げる

 

あらゆる形で個人が簡単に稼げる場所が提供されてきましたが、ここ近年さらにWeb上での販売サービスの勢いが加速してきてるなーと感じています。

 

2018年問題も気になるところだけど。

都市伝説で言われてたり、アニメなんかで見ていた世界が現実になっていくのかな?

 

って言うのも、今じゃ「ドローン/AI/マイクロチップ/スマホ/GPS/マイナンバー

こんな言葉は当たり前に使われていて珍しくもない、むしろ身近に感じてるくらい。

 

PCもスマホもタブレットも使ってる側から言わせてもらえば、今後も使い続けていくと思うけど(便利だから)

色んな情報が抜き取られているうんぬんの話はアレですが(笑)

慣れって怖い(・ω・)

 

まぁーあれだ

今までのやり方が少しずつ通用しなくなってきてるから、心の準備しといた方がいいかもしれない。

SNSの書き込みも規制やらアカウント凍結なんて即BANだし、監視の強化も徹底していくのかね?

 

自分が知ってる情報なんて本やネットで見た聞いたくらいのやつだし

そこで「信憑性あるか?」なんて聞かれても曖昧な回答しかできないのが情けないとも思うが、知らないよりかは自分で調べる癖をつけておいた方が無知より少しはマシじゃないかと(笑)

ネットで情報が簡単に手に入る反面、その情報に振り回されてちゃ意味ないけど(^^)

そんなことを思いながら今日もブログを書いていますがね。

 

と、前置きはこのくらいにしておいて

個人で稼ぐ為に使えるサイトを3つ紹介していきたいと思います。

 

2.個人で収益を得るサービス

スポンサーリンク

 

今からでも使ってみたら面白そうなサイトを紹介します。

 

【デジタルコンテンツ】

電子書籍/イラスト/画像などを個人で販売できるサービスで、サイト事に手数料がかかります。

公式サイト→Gumroad

Gumroadのサイト

 

 

メジャーなサイトでお馴染みの、最短2分でオンラインストアが作れる。

公式→STORES.JP

storesのサイト

 

 

資金を集めてクリエイター活動を支援してもらえるクラウドファンディング。

仲間と一緒にプロジェクトを立ち上げよう!

公式サイト→CAMPFIRE

キャンプファイヤーのサイト

 

3.まとめ

 

ネイビー

個人で作った物を、たくさんの人達に見てもらえるのって、ネットだからできることよね。

 

シロロ

配信者が実況中に商品紹介して、それが売れる時代とかスゴーイ♪

 

ネイビー
やりたい放題のところはカオス化してるけどね。
シロロ

使い方次第だね。

僕も自分のショップサイト作ってみたいな~。

 

ネイビー

まずは売りたい「物」を作らなくちゃね。

ショップ作りは、その後よ。

 

シロロ

何作ろうかな?

アレとコレとソレと….

 

ネイビー

この調子じゃ、いつになるのか分からないわね。

とりあえずアニソン聴きながら寝よーっと。

 

探せば他にもありそうなので、また面白そうなサイトがあれば紹介したいと思います。

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

最新情報を届けるよ♪

Pickup