サイトにギャラリーを設置できるプラグイン。

 

日本語版のプラグインって少ないよな~

ブログを初めて3ヶ月ちょい

ギャラリー用のプラグインを探しているMIKINARIです(><)

POINT

【探しているプラグイン内容】

・レスポンシブ対応

・WordPress(デフォ)に入ってるのは使いたくない

・画像を一覧で表示させたい

・日本語版のプラグインがいい

 

上記の内容で探していたら理想に近いものを2つ見つけました。

その追加方法を紹介していこうかと思います!

 

因みに、このプラグインは英語で説明が書いてあります・・・・

が!

下の方で、画像付き&日本語説明を書いといたので英語が苦手という人でも多分大丈夫だと思います。

それでは、さっそくプラグインのインストールをしていきましょー♪

 

1.プラグインのインストール

 

①ダッシュボードからプラグインを選ぶ

②新規追加→検索のところで「FooGallery」を入力する

③今すぐインストールをクリック

④続けて有効化もクリック

 

【FooGallery】

 

 

上のやり方と同じように、こちらのプラグインもインストール&有効化をしておきます。

【FooBox Image Lightbox】

 

これでプラグインの準備ができました。

次は画像の細かい表示設定をしていきます。

設定無しで今すぐに使いたいって方は、2番目は読み飛ばしちゃって下さい(笑)

 

2.表示の設定

 

スポンサーリンク

 

ダッシュボードからFoo Galleryをクリックして、ギャラリーの詳細設定をしていきます。

表示したい画像をライブラリーから選択して、表示させたい画像をアップロードしていきます。

 

 

ここでは、サムネイルの表示/配置/サイズ/アイコンなどの種類が設定できます。

 

 

プレビューを見ながら画像の表示を確かめていくと分かりやすいです。

 

 

コピペ表示できてない場合は、スペースや英数字が半角になっているか確認をしてみて下さい。

よっぽどのことがない限り、ちゃんと表示されます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

デフォルト
新着順
日付順
最新順
1番最近?
タイトル→アルファベット順
タイトル→リバース
ランダム

 

 

 

 

キャッシュされたサムネイルをオフにできる。

 

3.画像を表示させる

 

画像を表示してみると、こんな感じになります(Responsive Image Gallery)

 

 

編集している時は、このような表示になります。

 

4.まとめ

 

以上のやり方で、画像が綺麗に表示されていたら設定大成功です(´▽`)

画像のサイズが大きいと読み込みまでに多少時間がかかったり、上手く表示ができない場合もあると思います。

 

【そんな時は?】

・画像サイズを少し小さくして容量を抑えておく

・一覧表示させる枚数を少なくしてみる

 

このあたりを工夫すると少しは、表示や読み込みがスムーズにいきやすいと思います。

プラグインを使って是非、自分のサイト内で写真などをズラズラーっと並べて楽しんでみてはいかがでしょうか♪

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

カテゴリー

この記事を書いた人:MIKINARI

イラストからWordPressまで興味があることを、ジャンル問わずに更新しています。

Pickup