【10】CLIP STUDIO PAINT PRO/対称定規の使い方。

1.対称定規の作成

 

 

 

まず左側の図形アイコンをクリックするとサブツールがズラーっと並んだアイコンが表示されると思います。

そこから1番右端にある対称定規をクリックするとツールプロパティ[対称定規]というものが表示されます。

ここで対称定規の細かい設定などの変更をしていきます。

って言っても、あんまり設定をいじると後で面倒だから基本放置(笑)

 

スポンサーリンク

 

え~、ここでは線の本数が最小2最大16本まで本数を増やせることができたりしちゃいます。

また線対称/角度の刻み/編集レイヤーに作成などにチェックを入れたりできるので、設定画面に戻って設定してとか面倒なことしなくて済むから楽。


 

 

 

・線対称→チェックを入れない場合(線の本数10/角度の刻み67の場合)

 


 

 

・線対称→チェックを入れた場合(線の本数10/角度の刻み67の場合)

 

 

2.ペンの種類を変えてみる

 

 

 

上→丸ペン/下(真ん中)→カリグラフィ/下(1番左)→Gペンなどで描いたものです。

適当にグルグルして描いていったので、こんな感じになりました。

「他の描き方も知りたいよー」って人がいたら、クリスタの公式サイトに講座などがあるので興味があったら是非覗いてみて下さい(^^)

 

 

 

スポンサーリンク

3.定規の移動

 

 

 

1枚目のレイヤーから、2枚目のレイヤーに定規だけを移動したい場合は、図のように対称定規のアイコン部分をドラッグしながら引っ張ると簡単にできます。

 


 

 

対称定規の移動ができると2枚目のレイヤーにアイコンが図のように表示されているので、この状態になっていれば大丈夫でし。

 

 

4.定規の削除(その他)

 

 

 

定規の削除は、図のようにアイコンを右クリックしてメニューから削除を選びます。

アイコンをクリックしなくてもレイヤー上で右クリックをすれば同じようにメニューは、ちゃんと表示されます。

※必要がない表示は、前もってチェックを外しておくと作業がしやすい場合があります。

 

 

5.ペン以外でのサブツール(直接描画)

 

 

 

直接描画→(8種類) 線の本数→(5本) 角度の刻み→(67)

中でも直線で「星の描き方」を均等にできるのでオススメです!こんな感じに仕上がります。

 

 

まとめ

 

 

 

今回紹介した対称定規の使い方は普段でも絵を描くときによく使う機能を集めてみました。

スナップにチェックを入れたり線の本数や角度を変えるだけで、あの難しい星も綺麗にスラスラ~っと描けたりするからほんと超便利なツール!

まだ使ったことがない人は是非とも使ってみて楽しく、お絵描きしちゃいましょー♪

 

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク