【WordPress】All in One SEO Packプラグインの設定方法。

SEO対策プラグイン

 

【SEO対策】

WordPressを使い始めて数日しか経ってないけど、何とか検索でやり方を学んでいるMIKINARIです(・▽・)

今日のSEOプラグイン設定は初期設定と同様重要。

これを設定しておくことによって、今後のアクセスアップも見込めるらしい。

 

ここで紹介するプラグインは、Web関連のサイトでもよく目にする代表的なプラグインです。

最初の方にまとめてインストールした中の1つが、このAll in One SEO Pack

さっそくインストールしていくよ♪

 

1.All in One SEO Packをインストールしよう

 

プラグイン→新規追加→検索から「All in One SEO Pack」を入力し、今すぐインストールをクリック。

プラグインをインストール

 

 

有効化をクリックします。

All in One SEO Packを有効化

 

 

またインストール済みプラグイン一覧の中から、ボックスにチェックを入れて有効化もできます。

インストール済み一覧

 

2.一般設定

 

ダッシュボード→All in One SEO→一般設定をクリック。

 

【canonicalタグ】

同じページ内にあるURLを見極め、どれが重要なのかを判断し正規化してくれるものです。

All in One SEOから一般設定

 

3.ホームページ設定

 

スポンサーリンク

 

【ホームページ設定】

・ホームタイトル→自分のサイトのタイトルを入力します。

・ホームディスクリプション→ソース内<meta name=”description” content=”サイトの紹介文”>のこと。

 

全部のページに同じ説明文を書くと検索エンジンの評価が下がることがある。

だからディスクリプションを使う時は、そのページごとの閲覧者が読みたくなるようなオリジナリティー溢れる内容を書いておくと良いらしいよ(^^)

 

・ホームキーワード→メタキーワードが必要なら入力をします。

・固定フロントページ→お好きなように。

ホームページ設定

 

4.タイトル設定

 

【タイトル設定】

記事のタイトル/タグ/アーカイブなどのタイトルが設定できます。

タイトル設定

 

5.カスタム投稿タイプ設定

 

【カスタム投稿タイプ設定】

表示設定やウェブマスター認証は、必要なら使いやすいように設定しておいて下さい。

 

【表示設定】

パネル表示の、有る無し設定なので特に必要なし。

【ウェブマスター認証】

タグを設置する際に使うので特に必要なし。

カスタム投稿タイプ設定

 

6.Google設定

 

【Google設定】

Google関連を使う際に使います(紐付けとか)

グーグル設定

 

7.Noindex Settings設定

 

スポンサーリンク

 

【Noindex Settings設定】

必要な所があればチェックを入れて下さい。

Noindex Settings設定

 

 

初期設定のままだと「カテゴリーをnoindexにする」にチェックが入ったままなので、必要であれば外しておいて下さい。

カテゴリーをnoindexにする

 

8.詳細設定

 

【詳細設定】

チェックが入ってる場所以外は特に変更なし。

詳細設定

 

9.キーワード設定

 

【キーワード設定】

キーワードを使用→有効にチェックを入れます。

キーワード設定

 

まとめ

 

やっと終わったぁぁぁぁぁぁーーー(><)

 

面倒な所と後で変更したい所のチェックだけは終わったので一安心(笑)

これで少しは、WordPressを使えるようになったのかな?

 

後日Googleのタグ付けをYouTubeと一緒にやるので、その内容はまた別の記事に書いていこうと思います。

とりあえず一通りの設定は、こんな感じになりました。

 

 

お疲れさまでした(^^)/”

 

スポンサーリンク

カテゴリー

この記事を書いた人:MIKINARI

イラストからWordPressまで興味があることを、ジャンル問わずに更新しています。

Pickup